フォルトネット
子どもの不登校やひきこもりで孤独になりがちな家族の不安を分かち合い、不安や悩みの種を軽減することを目的に、経験者家族で立ち上げた会です。
講師を招いた講話会のほか、不登校・ひきこもりさんのオープンスペース「ねころんだ」の開所、家族会、イベントへの出店など、当事者も家族も活動が広がっています。


●市民活動団体との出会い
「会の活動は市民活動団体との関わりが大きく、まちづくりで活躍するみなさんとの出会いは衝撃的でした。」と話す代表の関口さん。ひとサポを通じて様々な分野で活動する人たちに出会い、当事者が社会へ羽ばたく一歩目になればと、人手がほしい団体のイベントを手伝い始めました。団体に温かく迎え入れられ様々な活動経験を積んでいくうちに、当事者たちにも自信が生まれ、大きな成長が見られました。市民活動団体と協力しあいながら、活動を進めています。

●当事者の居場所「ねころんだ」のオープン
●当事者の居場所「ねころんだ」のオープン

“居場所が欲しい”という当事者の声を受けて2014年に開所しました。助成金を活用し、専門家の指導のもと当事者自身で床貼りやニス塗りを行いました。備品や家具も譲り受け、多くの人の思いやりが集まってできた場所です。
事前予約や料金は不要で、読書・パソコン・おしゃべりなど、気軽に立ち寄って自由に過ごすことができる、温かい場所です。

●すべての活動が社会体験になる
会では、全ての活動を社会体験と位置付け、これまでも団体の情報を発信する広報誌の企画・制作などを当事者で行ってきました。文章作成、写真撮影、デザインなどすべて本人たちが作業することによって、自己表現力の向上につながり、制作に携わった多くの当事者が就職などで社会へ羽ばたいていきました。一人一人の個性を大切に、特技を生かしながら活動しています。

団体情報
目的
子どもの不登校やひきこもりで孤独になりがちな家族の不安を分かち合い、不安や悩みの種を軽減する
活動内容
講話会「お茶にしょうじゃねぇ会」の開催、オープンスペース「ねころんだ」の運営、家族会、イベント出店など
活動日時
お茶にしょうじゃねぇ会 毎月第1土曜日13:30~15:30
ねころんだ 毎週火・木 13:00~16:00
家族会 毎週第4木曜日19:00~
場所
分じろう、ねころんだ(昭和町1)など
ホームページ等
問合せ先
代表 関口美智江 090-4955-4169
その他
不登校・ひきこもり経験者と地域の支援者の声をまとめたメッセージ集『あしあと~ひきこもり発・地域社会行き~』を分じろうにて販売中(2019年3月発行)。

バックナンバー

団体情報
・市内NPO法人 (十日町市ホームページ)
・分じろう・十じろう登録団体
・公民館利用団体リンク
・川西公民館利用登録団体一覧
・生涯学習人材バンク
・十日町市社会福祉協議会ボランティア団体一覧