000(オルト)
地域や社会の課題に関連する様々なテーマについて、その分野の第一線で活躍する方々を招いた公開レクチャーなどの企画・運営、読書会等をおこなっています。2015年に市内外の有志で設立し、様々なジャンルの友人や仲間の協力を得ながら、幅広く分野を横断し、市民がオープンに議論できる場をつくっています。


●「000」に込められた意味と若い世代への思い
●「000」に込められた意味と若い世代への思い

活動を始めた背景には、メンバーの一人が大学在学中、外部講師の講義で受けた衝撃によって自分の価値観やその後の方向性、世界が大きく変わった経験がありました。地方や中山間地に住んでいる高校生や若者にも、社会の一線で活躍されている方の生き方に触れて刺激を受けてほしいという思いで活動が生まれました。
「000」というグループ名には、PC の「Alt」キーが複数のキーと合わせて様々な機能を持つように、様々な主体や知見と交わることで、新たな閃きや価値観を生む場になってほしいとの願いが込められています。

●「考え続ける」ことの大切さ
過去6回開催した公開レクチャーでは、建築家、美術家、小説家、ダンサーなど様々な分野の講師を招いてきました。幅広い分野の中でも、例えば商店街のまちづくり、コミュニケーション、コミュニティの難しさなど、参加者が十日町の問題にも関連付けて考えられるようなテーマを選んできました。
参加者は関心に応じて市内外から様々な人が集まります。たとえ内容が難しくて完全に理解することができなくても、常に自分の知らない事柄や人に触れ、考え続けることで多様性を享受できる社会が実現できるのではないかと思っています。そのため、オルトでは、考え続け、人の考え方を知り、対話が生まれるような状況を大切にしています。

●原動力はメンバーの好奇心
オルトは、グループのリーダーや団体しての大きな目標やビジョンを定めていません。
メンバーの活動動機はそれぞれの「好奇心」です。みんなで大きなひとつの目標を達成するより、個人の関心事や持っている価値感を深堀りできる場所づくりを目指しています。
講師のレクチャーを受ける前には、理解を深めるためにテーマに沿った本を読み合う読書会を2週間に1回おこない、メンバー同士意見を交わして知見や議論を深めています。

団体情報
目的
地域の課題に関連する様々なテーマについて、幅広く分野を横断し、オープンに議論できる場をつくること
活動内容
公開レクチャーの開催、読書会
ホームページ等
問合せ先
000alternate@gmail.com(担当:柳)

バックナンバー

団体情報
・市内NPO法人 (十日町市ホームページ)
・分じろう・十じろう登録団体
・公民館利用団体リンク
・川西公民館利用登録団体一覧
・生涯学習人材バンク
・十日町市社会福祉協議会ボランティア団体一覧